Page: 2/21  << >>
天童お散歩マップ 「KOMAP」を発行

将棋駒生産第1位の街・天童。JR天童駅から温泉街までの約1.5劼諒眛擦頬笋畊まれた詰将棋は、全部で19か所あります。このほかに、わくわくランド(温泉街に隣接する公園)にも、永世七冠を達成した羽生さんらの歴代名棋士が出題する15のモニュメントがあります。

 

最近の将棋ブームの再来で、こうした将棋スポット目当ての観光客からの問い合わせなども、目立つようになりました。

 

 

そこで、天童商工会議所観光部会が中心になり、10数年前に製作した将棋マップの復刻版を仕上げました。古い情報は削除して、駒のオブジェの紹介など、新たな要素もたくさん盛り込みました。

 

裏面は、こんな感じです。

 

 

それぞれの詰将棋の場所と内容を一覧できるようにしてあります。将棋ができない人も、マップ片手に天童のまちを楽しく散策できるよう工夫してあります。

 

このマップは、市観光情報センターや各旅館で用意してあります。また、天童市観光物産協会のホームページからもダウンロードできます。

 

| 湯の香 松の湯 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもたちも参加 市民将棋大会

毎年恒例の「天童市民将棋大会」が、多くの将棋ファンを集め、今日天童総合福祉センターで熱戦が繰り広げられました。今年で47回目の開催となります。

試合は各部門ごとに、一般有段者の部から女子の部、小学生の部(段位・級によって4部門)まで分かれています。

 

 

今話題の藤井聡太四段の影響で、最近天童将棋教室に入門する小学生も増えており、教室生もこの大会に大勢参加しています。

これからの将棋の普及を考えると、子供たちの参加は頼もしい限りです。詰将棋のコーナーにも、こんなに集まっています。

 

 

審判長は日本将棋連盟の中川大輔八段、副審判長に和田あき女流初段を招き、それぞれ審判をお願いしました。

中川審判長からは、「試合は、勝つ人もいれば負ける人もいる。勝っても負けても、礼儀を重んじ相手に敬意をもって接し、一手一手真剣に指すように」との、競技マナーの注意がありました。

 

礼儀作法も実力のうち。なるほど、これが「日本が世界に誇る伝統文化・将棋」の所以です。

 

 

大会で使用される道具は、駒も盤も一級品です。駒はメイドイン・天童のツゲの彫駒、将棋盤は日向(宮崎)産のカヤ・・・。

 

 

会場の入り口では、将棋駒彫・書き駒の実演販売なども同時に開催されました。

 

 

縁起の左馬の書き駒です。ふるさと納税の返礼品で大人気・・・。

 

 

今日一日、「将棋フェスティバル」さながらの盛り上がりでした。

| 湯の香 松の湯 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JR天童駅 清掃ボランティア

「きれいな街づくりを実践しよう」を合言葉に、天童商工会議所では、年に一度天童駅東西口広場等の清掃ボランティアを行っています。本日、午前8時30分から約1時間程度の奉仕活動に参加し、さわやかな汗を流してきました。

 


参加した約300名の会員が、広場の植栽の除草作業、自転車置き場の清掃など、それぞれの担当場所を各部会ごとに実施しました。業務用の高圧洗浄機を操作するのは、専門の建設業部会のメンバー。

 

 

我々旅館・ホテルが所属する観光部会は、駅の東西自由通路を担当。高い天井にかかる蜘蛛の巣とりやガラス磨き、普段何気なく眺めているサインも、ガラスクリーナーでふき取ると結構汚れています。

 

 

多くの観光客をお迎えする、天童の玄関口・天童駅が、みんなの力で見違えるようにきれいになりました。天童駅長からお礼の言葉をいただいて、解散しました。

 

| 湯の香 松の湯 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
打ちたてのそばを奉納

ここは、織田信長公を祀る舞鶴山の建勲神社(たけいさおじんじゃ)。今年で14回目となる「寒中挽き抜きそば奉納奉告祭」が、神前にそばをお供えし、厳かに執り行われました。

 



この催しは、江戸時代末期、天童織田藩が将軍家に、一年で一番寒さの厳しいこの時期に挽いたそばを献上していたという記録をもとに再現されたもの。

天童オリジナルのそばをPRしようと、毎年開催しているものです。

 



これが見た目にもよい白い上品な「寒中挽き抜きそば」です。天童産のそば粉「でわかおり」を使用しており、風味豊かでのどごしの良さには定評があります。



奉納奉告祭に引き続き開催された賞味会では、参加者の評判も上々でした。今が旬の「寒中挽き抜きそば」は、のぼりの立っている市内のそば屋さんで、1月11日から2月いっぱい楽しむことができます。期間限定販売ですので、ぜひお早めにご賞味ください。 

| 湯の香 松の湯 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まちの建物スケッチ

天童市内の建物を、スケッチして水彩画として残す活動に取り組んでいる村山義和さん(山形市在住)。実家が天童なので、天童の建物にこだわっているのだそうです。

 

 

このたび、思いがけなく松の湯のスケッチの許可を求めるはがきをいただきました。上がそのはがきです。絵はがきになっていて、「水車そば」と「旧東村山郡役所資料館」の2枚セットでいただきました。

もちろん、スケッチはOKです。そんなわけで、昨日からさっそくスケッチ作業に入りました。

 

 

当館は間口が広いので、横長の用紙に書いてもらうことにしました。スケッチだけで、1週間はかかるそうです。

 

 

湯上山を借景に、松のみどり、ナツツバキの紅葉など、秋が深まりつつある松の湯の玄関の佇まい・・・。どんなタッチの水彩画になるのか、完成が今から楽しみです。

 

 

| 湯の香 松の湯 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天童春物語
今年も「天童雛飾り」の季節がやってきました。2月12日から3月27日まで、天童では旧東村山郡役所資料館や広重美術館などで、お雛様の展示を行っています。江戸時代から明治、大正と古いお雛様の数々、見ごたえのあるものばかりです。


<松の湯の雛飾り>

当館でも、この時期に合わせて展示を始めました。



酒田・小松屋さんのお雛菓子です。



「やまがた雛のみち」と称して、近隣の市町でも同様の展示を行っています。



いずれも見ごたえのあるものばかり。お雛様と合わせて楽しむ、ひな菓子・ひな膳もそれぞれ用意されており、一足早く春の訪れを味わってみてはいかがでしょうか。
 
| 湯の香 松の湯 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年も寒中挽き抜きそば
将棋と温泉、フルーツとともに、「天童のそば」はその評価も高く、貴重な天童市の観光資源の一つです。今年で13回目を迎える「寒中挽き抜きそば」の奉納奉告祭が、舞鶴山の建勲神社で執り行われました。





江戸時代に、天童織田藩が将軍家に献上したという「寒中挽き抜きそば」。今が旬です。





秋に収穫した新そばを、寒さの最も厳しい寒中に挽くので、そば本来の味と香りがギュッと凝縮されているのだといいます。



建勲神社での奉納奉告祭に引き続き、滝の湯ホテルを会場に賞味会を開催しました。「今年の蕎麦の味は格別」とお客様の評価も上々です。





1月13日から2月29日までの期間限定で、のぼり旗を掲げた市内の蕎麦屋さんで提供しています。この時期にしか味わえない風味豊かなそばの味を、天童でぜひご堪能ください。
| 湯の香 松の湯 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
懐かしの人間将棋
先日の宿六日誌に、「人間将棋」の記事を掲載したところ、ご覧のお客様から昔の写真をぜひ見たいというご要望のコメントをいただきました。そこで天童市観光物産協会に相談したところ、古い写真のデータをお借りすることができました。
ご覧ください。


(昭和31年)
今年で60回目、人間でいえば還暦を迎えた「人間将棋」。昭和31年からスタートした桜まつりのこのイベントは、当初舞鶴山の西側中腹の矢場跡という場所で行われていました。上の写真は、第1回目のときのものです。駒に扮するのは子供たちで、何やら厚紙で作った将棋駒の被り物をつけています。


(昭和34年)


(昭和43年)

舞鶴山の山頂広場が整備され、昭和47年から今の会場(常設の将棋盤)で行われるようになりました。


(昭和47年)

タイムリーに天童市将棋資料館では、今「天童桜まつり 人間将棋の60年」という特別企画展を5月17日まで開催中です。


(昭和60年)


これらの写真のほかにも様々なパネル展示があり、60年の天童の歴史や催しの歩みを訪ねることができます。この機会にぜひどうぞ。
| 湯の香 松の湯 | 10:08 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
今年で何と60回目 天童のメインイベント「人間将棋」
昭和31年から開催している天童のメインイベント「人間将棋」。今年は何と第60回の記念大会です。



穏やかな好天に恵まれ、本日にぎやかに開幕しました。特別ゲストにつるの剛士さんを迎え、人間将棋に先立ち特別対局が行われました。



つるのさんのお相手は、市内の中学生のチャンピオンです。
予定の時間をオーバーしての、まさに真剣勝負・・・・。



つるのさん、厳しい表情です。惜しくも破れました。



日本将棋連盟の谷川会長からも、立会人として参列していただきました。
明日も引き続き、よろしくお願いいたします。

 
| 湯の香 松の湯 | 22:10 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
シダレザクラのライトアップ始まる
温泉街の北側を流れる倉津川沿いで、今年もシダレザクラのライトアップが始まりました。



今、八分咲きといったところでしょうか。ライトに映し出されたサクラの花は、昼の華やかな趣とはまた違い、何とも幻想的な雰囲気を漂わせています。



今月25日の午後6:30から、「たんすかつぎとむかさり行列」がこの場所で開催されます。



たんすかつぎ唄は、江戸時代から続くもので、婚礼の嫁入り(むかさり)道中に、嫁入り道具のたんすを担ぐ荷役人によって歌い継がれてきました。最近では結婚式での出番も少なくなりましたが、「親の気持ちを凝縮した素晴らしい唄」として、たんす担ぎ唄保存会のもとで受け継がれてきています。



ぜひこの機会にご覧ください。


 
| 湯の香 松の湯 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode