Entry: main  << >>
舞鶴山を活かした健康ウォーキング研修会
ここは、舞鶴山の中腹にある建勲(たけいさお)神社の境内。天童商工会議所の観光部会が主催して、昨日舞鶴山を会場に健康ウォーキングの研修会を開催しました。参加者は、旅館などの観光関係者だけではなく、天童市役所の関係各課の担当者など、総勢60名近くの参加です。


(研修前のオリエンテーション)

天童市を含む村山地方(7市7町)で取り組んでいる「♪めでためでた花の山形観光圏」では、「ココロに効く カラダに効く 時速4km 山形の旅」を提唱しています。

このウォーキングは、ドイツで行われている「気候性地形療法」という手法を取り入れた健康ウォーキングで、その第一人者である小関信行氏(クアオルト研究室代表・上山市在住)をお招きしての研修会です。


(スタート前のストレッチ)

歩き方の主なポイントは二つ。まず汗を上手に蒸発させ、肌を冷たくサラサラの状態を保ちながら歩くこと。そうすることによって、通常の2倍の運動効果を得られるのだそうです。

二つ目が、チェックポイントごとに心拍数を計測し、数式で得た数値をよりどころにして、歩くスピードを調整します。つまり、自分の体力にあった歩き方をすることが基本。


(観光ボランティアガイドの皆さんも熱心に受講)

約1時間の実地研修後、今度はプロジェクターを使って、小関先生の講演をお聞きしました。

舞鶴山は天童温泉から程よい距離にあり、ウォーキングにもってこいの山です。市民の健康づくりはもちろん、観光で訪れたお客様から満足していただけるウォーキングルートの整備やソフト面の充実に、これから少し汗を流したいと思っているところです。

| 湯の香 松の湯 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode