Entry: main  << >>
全国有数の規模を誇る「山形城」?
NHKの大河ドラマ「天地人」で、一躍脚光を浴びた米沢(上杉)。直江兼続の「愛」のかぶとの陰に隠れて、山形を代表する戦国大名・最上義光(よしあき)の存在感がいまひとつパッとしませんでした。



ここが、山形を治めていた最上義光の居城「山形城」(山形市)で、現在は「霞城公園」として親しまれています。写真は、復原された重厚な二の丸東大手門。11月いっぱい館内を無料で拝観できます。

義光は最上家11代目にあたりますが、出羽合戦の戦功により、24万石から庄内3郡と秋田の由利郡の33万石を加えられ、一躍にして57万石の大大名となります。



しかし、徳川幕府から厚い信頼を受けていた最上家も、内紛により義光の孫の代に改易となり、近江の国に1万石に格下げのうえ移されました。その後、最上家に替わって山形城主となった鳥居忠政(24万石)を皮切りに、9家、20人の大名が次々に山形に入封しましたが、悲しいかな徐々に石高も下げられていきます。

 
(復原中の本丸の一文字門)

最後の城主となった水野忠弘(水野忠邦の孫)の時には、たった5万石になってしまいました。栄枯盛衰・・・そんな歴史を秘めた山形城も、昭和61年晴れて国指定の史跡となり、最上家全盛の400年前によみがえりつつあります。

ウォーキングシューズを履いて、久しぶりに公園内を歩いてきました。こんな炎天下でも、木陰に入ると秋の気配を感じます。ここは当館から車で30分のところで、山形市の郷土館や県立博物館もあり、また春には桜の名所にもなっています。
| 湯の香 松の湯 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode