Entry: main  << >>
出羽の虎将 飾る
最上義光(もがみよしあき)は、今から400年前に活躍した57万石の山形城主。伊達政宗の実の伯父さんにあたります。
最上家初代の斯波兼頼(しばかねより)から数えて11代目ですが、彼の代で最上家全盛の時期を迎えます。

出羽の虎将 

そんな「義光の冑」を、五月人形の隣に虎にかぶらせて飾っています。何といっても「出羽の虎将」と恐れられた義光ですから・・・。家康の信頼も厚かった義光は、子供大将(家康)の隣に陣取ってちょっと緊張気味です。

「愛の冑」の直江兼続より強そうすね。



当館から車で30分、山形城址(霞城公園)の入口にある「最上義光歴史館」では、NHKの大河ドラマ「天地人」ブームと入館料無料化の相乗効果で、4月の来館者数が昨年の4.6倍にもなったそうです。
おそらく夏から秋にかけては、もっと伸びるでしょう。



この機会に、是非山形の歴史にも触れていただきたいと思います。

それから、この冑はペーパークラフト。最上義光歴史館のHPからダウンロードして作りました。他にも、戦国武将の冑が載っていますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
のぼり旗は小生の手づくりです。
| 湯の香 松の湯 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode