Entry: main  << >>
天童ならではの寒中挽き抜きそば 

ここは、織田信長公を祀る舞鶴山の建勲神社(たけいさおじんじゃ)。今年で16回目となる「寒中挽き抜きそば奉納奉告祭」が、神前にそばをお供えし、厳かに執り行われました。

 

 

この催しは、江戸時代末期、天童織田藩が将軍家にそばを献上した記録をもとに再現されたもの。天童オリジナルのそばをPRしようと、毎年開催しているものです。

 

 

奉納奉告祭に引き続き開催された賞味会では、前売券540枚は完売し、出来立ての2400食が準備されました。

 

 

参加者の評判も上々で、3、4枚とお代わりをしてそばの味を堪能していました。今が旬の「寒中挽き抜きそば」は、のぼりの立っている市内のそば屋さんで、1月16日から2月末まで楽しむことができます。

 

 

そばは健康食で知られ、「はじめツルツル、あとはカメカメ」と、おめでたい食べ物として昔から親しまれてきました。年の初め、天童でこのそばを食べて、今年1年の幸先の良いスタートを切ってみてはいかがでしょうか。期間限定販売ですので、ぜひお早めにご賞味ください。 

| 湯の香 松の湯 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode