Page: 1/12   >>
館主が撮りためた庭の表情を一冊に

今日は朝からあいにくの雨模様ですが、玄関前のアヤメが咲き競うように見事に咲いてくれました。

 

 

 

深紅のシャクヤクも今が満開のとき。雨に打たれて、大輪の花がお辞儀をするように咲いています。

 

 

このたび、館主がこれまで撮りためた松の湯の庭のフォトブック「湯の香 松の湯 四季の彩り」を作成しました。

 

 

季節の庭の表情を写し取ったものを1冊にまとめたものです。松の湯の庭に咲く季節の花々、紅葉、雪景色・・・。

 

 

ロビーのテーブルに備え付けていますので、ぜひこの機会にご覧ください。

 

 

| 湯の香 松の湯 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新年の幕開け

新年明けましておめでとうございます。年末に積もった雪もほとんど消え、穏やかな正月を迎えることができました。

 

 

温泉神社では、新年を迎えるに当たり、「除夜・元朝祭」を行っています。今年の出役当番は、大晦日の22:00からということで、出かけてきました。

 

 

紅白歌合戦が終わるころになると、参拝者がどっと増えます。甘酒の振る舞いや、お札・お守り・おみくじの販売などが行われ、一気に境内はにぎわいます。

 

 

町内の皆さんだけでなく、旅館にお泊りのお客様や従業員の姿も見えます。口々に、「新年おめでとうございます」「今年もよろしく」などとお互い声を掛け合って、新年を祝っていました。

 

 

昨年は、北朝鮮の不穏な動きや異常気象による災害、農作物の被害などが全国的に見られ、決していい年であったとは言えませんでしたが、今年は平穏な一年であってほしいものです。

 

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| 湯の香 松の湯 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雪吊りの作業が終了

今年も、あと残すところ半月となりました。今シーズンの降雪量は、例年より多いとの予報。そんな中、先週末にようやく庭木の雪吊り・雪囲いの作業が終了しました。

 

(中庭)

雪が早い年は、雪片づけをしてから雪囲いの作業をするという、そんな笑えない年もありましたが、今年はうっすらと積もった程度で、作業もはかどりました。

 

 

強い寒気の影響で、断続的に降り積もった雪。13日の朝の様子です。

 

 

結構な量です。20cm近くあるでしょうか。早朝から、玄関や駐車場の除雪作業に追われました。

 

 

この雪も一端は消え、根雪になるのは年が明けてからになるでしょう。

| 湯の香 松の湯 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天童2525(にこにこ)産業まつり

天童商工会議所は、今年で設立25周年を迎えました。これを記念して、去る10月8日、「天童2525(にこにこ)産業まつり」を開催。

 

 

天童駅から温泉街までの県道の一定区間を歩行者天国にして、各ブースごとに会員企業自慢の製品や商品の展示や販売、ミニ鍋合戦、はたらく車の展示など、子供からお年寄りまで楽しめる多彩なイベントで終日にぎわいました。

 

 

中でも注目を集めたのが、これ。地元天童高校書道部による路上パフォーマンスです。

 

 

音楽のリズムに合わせ、字の大きさや墨の色を使い分け、交互に文字を書いていきます。

 

 

完成した作品がこれ。「うわー、すごい!」と、周りから一斉に歓声と拍手が沸き起こりました。

 

 

この作品は、後日山形銀行天童支店のロビーに展示される予定です。

 

 

また、天童まちなかゼミナールと称して、11講座が開設され、参加無料の「折り紙の将棋の駒づくり」など、親子で楽しめるワークショップも好評でした。

 

| 湯の香 松の湯 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大浴場改修工事が完了しました

お盆過ぎから約1か月の間、大浴場の屋根の改修工事を行いました。この間、お客様には八角堂のお風呂を男女入れ替え制でお入りいただき、大変ご不便をおかけいたしました。

 

 

これまでの屋根をすべて撤去して、壁面から新たに建て替えしました。おかげさまで、工事も予定どおり完了し、9月14日からお入りいただいております。

 

 

天井はこんな感じです。

 

 

この穴から立ち上る湯気を排出します。

これまでよりも、屋根の高さを約90センチメートル高くしました。正面に日本庭園を眺めながら、より開放的な空間でご入浴いただけるようになりました。

 

| 湯の香 松の湯 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯の雛飾り

庭にはまだのっそりと雪が残っていますが、暦のうえでは春を迎える頃となりました。




そんな中、今年も2月10日から旧東村山郡役所資料館を中心に「天童の雛飾り」の展示がはじまりました。今年で、22回を数えます。


 

当館でも、この雛飾りの期間中、ロビーの談話室にお雛様を展示しています。
年に一度の雛飾り。今年は平穏な年でありますようにと、お雛様に願いを託して・・・。

 

 

どうぞこの機会に松の湯の雛飾りをご覧ください。3月26日まで展示予定です。

| 湯の香 松の湯 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もよい年でありますように・・・

新年の幸せを願い、今年もロビーにだんご木を飾りました。大きなミズキの枝先に、団子に見立てた丸いふなぜんべいを一個一個貼り合せて行きます。次に鯛や宝船などの飾りつけ。

 


枝ぶりと色のバランスを見ながらの作業。結構手間がかかります。
今年のミズキの木は山辺町(県民の森近く)のもので、知人の山から貰い受け、小生が大枝を切り軽トラックで運んできました。
 
根元にはいろいろなお面も飾り付けました。

 

 

昨日完成したばかりのだんご木の前で、記念撮影。毎年この時期においでになるお客様にモデルになっていただいたのですが、実は2年前もこの同じ場所で撮影しています。



皆さんにとって、今年もよい年でありますように・・・。

| 湯の香 松の湯 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「3月のライオン」でおめでとう

新年明けましておめでとうございます。昨年中はお引き立てをいただき、ありがとうございました。今年もよろしくお願い申し上げます。

今年の正月はまったく雪がなく、拍子抜けしたような新年のスタートでしたが、夕べから今朝にかけて10センチほど積もり、ようやく正月らしい雪景色となりました。

そんな中、新年の幕開けにふさわしく、天童市では「3月のライオンmeetsスタンプラリー」を企画しました。

 

玄関前に立ちパネルも設置しました。このイベントは、全国に将棋のまち天童をPRしようと、人気アニメ「3月のライオン」とのコラボで行うものです。

 

 

市内の施設で用意してあるスタンプを5つ集めて応募すると、天童オリジナルの素敵な商品をゲットできます。ちなみにこの5つのスタンプは、。魁´月 の ぅ薀ぁ´ゥン。当館もスタンプラリーの参加施設になっており、,裡海離好織鵐廚鰺儖佞靴討い泙后


 

ご希望の方には、スタンプラリーの台紙をお渡ししており、宿泊しなくてもどなたでも参加できます。2月28日までの期間限定の企画ですので、ぜひこの機会に応募してください。

応募用紙に掲載の写真は、当館の「げんこつ風呂」です。

 

 

 





 

| 湯の香 松の湯 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯スケッチ 完成

先月の末からコツコツと描いてきた村山さんの松の湯スケッチがようやく完成しました。サクラ材の額装にして、今日納品になりました。

 

 

さて、どこに飾ろうかと思案した結果、帳場にある書の額を別の場所に移して、このように設置しました。


 

 製作にあたってのコメントを添えた、彼の著書「最上三十三観音スケッチ帖」を記念にいただきました。

 

 

そのコメントには、次のような内容が記されています。
「天童温泉松の湯さんを描く  ・・・・現地でのスケッチは天気の影響を受けるので、風が強い日や雨が降ったときは、自動車の中から描いたこともあった。・・・・絵は10年、20年、30年たっても、当時の姿を残します。松の湯さんの歴史が記録されています。・・・ 建物を透明水彩で描く 山の村美術館 村山義和 」

 

淡い色使いで、とても味わいのある絵に仕上がりました。

 

| 湯の香 松の湯 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯スケッチ その2

いよいよ月山にも初冠雪を観測しました。11月ともなると最低気温が10度を下回り、落葉樹の紅葉も一段と進んできます。松の湯の庭も、ドウダンツツジやナツツバキの紅葉が今見頃です。

 

 

先月の下旬から松の湯のスケッチに取り組んでいる村山さんは、ミシュランのマスコットのような防寒具に身を包んで毎日制作に奮闘中です。その日のスケッチが終わると画板ごとおいて行ってくれます。せっかくなので、制作中のその絵の途中経過をお客様にも見ていただこうと、こんな具合にロビーの棚に展示しています。

 

 

建物だけのスケッチではなく、樹木の一本一本、特に松の繊細な枝ぶりをリアルに描写するのに、かなり神経を使うそうです。その分、書きごたえがあるとのこと。

 

 

色を付けるまでもう少々時間がかかるようですが、横長の画面はなかなかの迫力です。

 

 

 

| 湯の香 松の湯 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode