Page: 1/93   >>
珍しい光景

この時期、毎朝中庭の餌付け台にリンゴを据えておくと、どこからともなく鳥たちがやってきます。一番多いのがヒヨドリ。高いマツの枝にとまって、餌を待ちます。口笛を吹くと、待ってましたとばかりに、スーッと舞い降ります。

 

 

今日やってきたのは、ツグミです。その様子を下からうかがっている緑色の小鳥がメジロ。

 

 

しばらくすると、そのメジロもひょいと台の上に飛びのって、お行儀よくいっしょに食べ始めました。

 

 

ツグミとメジロ。何とも珍しくも不思議な光景です。

| 湯の香 松の湯 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯の雛飾り

庭にはまだのっそりと雪が残っていますが、暦のうえでは春を迎える頃となりました。




そんな中、今年も2月10日から旧東村山郡役所資料館を中心に「天童の雛飾り」の展示がはじまりました。今年で、22回を数えます。


 

当館でも、この雛飾りの期間中、ロビーの談話室にお雛様を展示しています。
年に一度の雛飾り。今年は平穏な年でありますようにと、お雛様に願いを託して・・・。

 

 

どうぞこの機会に松の湯の雛飾りをご覧ください。3月26日まで展示予定です。

| 湯の香 松の湯 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
打ちたてのそばを奉納

ここは、織田信長公を祀る舞鶴山の建勲神社(たけいさおじんじゃ)。今年で14回目となる「寒中挽き抜きそば奉納奉告祭」が、神前にそばをお供えし、厳かに執り行われました。

 



この催しは、江戸時代末期、天童織田藩が将軍家に、一年で一番寒さの厳しいこの時期に挽いたそばを献上していたという記録をもとに再現されたもの。

天童オリジナルのそばをPRしようと、毎年開催しているものです。

 



これが見た目にもよい白い上品な「寒中挽き抜きそば」です。天童産のそば粉「でわかおり」を使用しており、風味豊かでのどごしの良さには定評があります。



奉納奉告祭に引き続き開催された賞味会では、参加者の評判も上々でした。今が旬の「寒中挽き抜きそば」は、のぼりの立っている市内のそば屋さんで、1月11日から2月いっぱい楽しむことができます。期間限定販売ですので、ぜひお早めにご賞味ください。 

| 湯の香 松の湯 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もよい年でありますように・・・

新年の幸せを願い、今年もロビーにだんご木を飾りました。大きなミズキの枝先に、団子に見立てた丸いふなぜんべいを一個一個貼り合せて行きます。次に鯛や宝船などの飾りつけ。

 


枝ぶりと色のバランスを見ながらの作業。結構手間がかかります。
今年のミズキの木は山辺町(県民の森近く)のもので、知人の山から貰い受け、小生が大枝を切り軽トラックで運んできました。
 
根元にはいろいろなお面も飾り付けました。

 

 

昨日完成したばかりのだんご木の前で、記念撮影。毎年この時期においでになるお客様にモデルになっていただいたのですが、実は2年前もこの同じ場所で撮影しています。



皆さんにとって、今年もよい年でありますように・・・。

| 湯の香 松の湯 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「3月のライオン」でおめでとう

新年明けましておめでとうございます。昨年中はお引き立てをいただき、ありがとうございました。今年もよろしくお願い申し上げます。

今年の正月はまったく雪がなく、拍子抜けしたような新年のスタートでしたが、夕べから今朝にかけて10センチほど積もり、ようやく正月らしい雪景色となりました。

そんな中、新年の幕開けにふさわしく、天童市では「3月のライオンmeetsスタンプラリー」を企画しました。

 

玄関前に立ちパネルも設置しました。このイベントは、全国に将棋のまち天童をPRしようと、人気アニメ「3月のライオン」とのコラボで行うものです。

 

 

市内の施設で用意してあるスタンプを5つ集めて応募すると、天童オリジナルの素敵な商品をゲットできます。ちなみにこの5つのスタンプは、。魁´月 の ぅ薀ぁ´ゥン。当館もスタンプラリーの参加施設になっており、,裡海離好織鵐廚鰺儖佞靴討い泙后


 

ご希望の方には、スタンプラリーの台紙をお渡ししており、宿泊しなくてもどなたでも参加できます。2月28日までの期間限定の企画ですので、ぜひこの機会に応募してください。

応募用紙に掲載の写真は、当館の「げんこつ風呂」です。

 

 

 





 

| 湯の香 松の湯 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯スケッチ 完成

先月の末からコツコツと描いてきた村山さんの松の湯スケッチがようやく完成しました。サクラ材の額装にして、今日納品になりました。

 

 

さて、どこに飾ろうかと思案した結果、帳場にある書の額を別の場所に移して、このように設置しました。


 

 製作にあたってのコメントを添えた、彼の著書「最上三十三観音スケッチ帖」を記念にいただきました。

 

 

そのコメントには、次のような内容が記されています。
「天童温泉松の湯さんを描く  ・・・・現地でのスケッチは天気の影響を受けるので、風が強い日や雨が降ったときは、自動車の中から描いたこともあった。・・・・絵は10年、20年、30年たっても、当時の姿を残します。松の湯さんの歴史が記録されています。・・・ 建物を透明水彩で描く 山の村美術館 村山義和 」

 

淡い色使いで、とても味わいのある絵に仕上がりました。

 

| 湯の香 松の湯 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
馬口岩からの眺望

紅葉の進み具合を見に、山寺へ出かけました。紅葉の色づきからすると、まだ数日早いような気がします。

 

 

ここは、山寺立石寺の全景を望むことができる「馬口岩」(ばくちいわ)の上です。位置的に、奥の院とほぼ同じ高さでしょうか。

 

 

アップで撮影すると、展望台の五大堂や参道を上る大勢の参拝者が、蟻のように小さく見えます。

 

 

今日は風もなく穏やかなまさに撮影日和で、秋の山寺の風情を満喫するには十分な一日でした。

 

| 湯の香 松の湯 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯スケッチ その2

いよいよ月山にも初冠雪を観測しました。11月ともなると最低気温が10度を下回り、落葉樹の紅葉も一段と進んできます。松の湯の庭も、ドウダンツツジやナツツバキの紅葉が今見頃です。

 

 

先月の下旬から松の湯のスケッチに取り組んでいる村山さんは、ミシュランのマスコットのような防寒具に身を包んで毎日制作に奮闘中です。その日のスケッチが終わると画板ごとおいて行ってくれます。せっかくなので、制作中のその絵の途中経過をお客様にも見ていただこうと、こんな具合にロビーの棚に展示しています。

 

 

建物だけのスケッチではなく、樹木の一本一本、特に松の繊細な枝ぶりをリアルに描写するのに、かなり神経を使うそうです。その分、書きごたえがあるとのこと。

 

 

色を付けるまでもう少々時間がかかるようですが、横長の画面はなかなかの迫力です。

 

 

 

| 湯の香 松の湯 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
菊薫る季節
もうすぐ11月。早いもので、今年も菊薫る季節がやってきました。昨日、三本立ての菊を玄関前に飾り付ける作業を行いました。



これらの菊は、菊づくりの名人・森山さんから毎年お借りしているものです。自宅の菊の育成ハウスからトラックで運んでいただきました。
奥が高く手前が低くなるように、背の高さと花の色を見比べ、並べ方を調整していきます。

花は全体的にまだ小ぶりですが、これから徐々に充実し、花の中心が盛り上がっていきます。
この時期になると、宿泊されたお客様は、お帰りの際に菊をバックに記念撮影。この季節ならではの、松の湯の撮影ポイントです。

 
| 湯の香 松の湯 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まちの建物スケッチ

天童市内の建物を、スケッチして水彩画として残す活動に取り組んでいる村山義和さん(山形市在住)。実家が天童なので、天童の建物にこだわっているのだそうです。

 

 

このたび、思いがけなく松の湯のスケッチの許可を求めるはがきをいただきました。上がそのはがきです。絵はがきになっていて、「水車そば」と「旧東村山郡役所資料館」の2枚セットでいただきました。

もちろん、スケッチはOKです。そんなわけで、昨日からさっそくスケッチ作業に入りました。

 

 

当館は間口が広いので、横長の用紙に書いてもらうことにしました。スケッチだけで、1週間はかかるそうです。

 

 

湯上山を借景に、松のみどり、ナツツバキの紅葉など、秋が深まりつつある松の湯の玄関の佇まい・・・。どんなタッチの水彩画になるのか、完成が今から楽しみです。

 

 

| 湯の香 松の湯 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode