Page: 1/97   >>
鮮やかな いちょうの道

山形からの帰り道、県運動公園に立ち寄りました。秋も深まり、「いちょうの道」は、この時期多くの人でにぎわいます。

 

 

盛りは過ぎたようですが、まだまだ鮮やかな黄色いいちょうの紅葉を楽しめます。

 

 

平日なので、思ったほどの人出はありませんでした。

 

 

日の光に照らされて、黄色い色が冴えます。

 

 

黄色く色づき始めた、当館のレモンとキンカンです。毎日、日中は玄関前で日光浴。夕方、館内へ取り込みます。

 

 

菊とレモン、取り合わせは妙ですが、玄関前に彩りを添えています。

 

| 湯の香 松の湯 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天童古城の発掘調査すすむ

昨年度に引き続き、天童古城主郭跡の発掘調査が行われました。当館から徒歩10分のところにある舞鶴山(天童公園)は、戦国時代約200年間、天童氏がこの辺一帯を治めていた山城でした。

江戸時代末期に天童にやってきた天童織田家と区別するために、天童古城と呼んでいます。

 

                               (愛宕神社)

この天童氏時代の山城は、同時代のものとして山形最大の山城とみられています。今の舞鶴山全体が、自然の地形をうまく活かした、一つの要塞として存在したといわれています。

残念ながら、天正12年(1584)に、激しい合戦の末、お隣の山形城主・最上義光(もがみよしあき)に滅ぼされてしましました。

義光は天童城の主郭に愛宕神社を創建したとされていますが、そのときおそらく天童城は壊され、焼かれてしまったのではないかと言われています。

 

 

このたびの発掘調査は、当時の主郭部分の遺構を調べるためのもので、調査の結果、様々なものが出土しました。

建物の遺構の基礎石、当時貴重だった中国製の磁器・青磁、漆器、仏具、かわらけ(酒器)などの遺物です。

 

 

5年計画でこの発掘調査は進められる予定ですが、調査に携わった方の話では、こんなに多くの物が出てくるとは思っていなかったそうです。

この天童古城主郭の場所が、近い将来整備されれば、おそらく天童の新たな観光スポットとしても見直されるに違いありません。この山からの360度の眺望が可能となります。

 

                (主郭から西を望む 月山山頂部が雲に隠れている)

画面中央下に見えるところは、舞鶴山山頂広場の人間将棋会場の観覧席です。主郭の位置は、この場所よりもさらに高いところにあります。これからの調査の進展に、大いに期待したいところです。

 

 

| 湯の香 松の湯 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
口の宮 湯殿山神社へ

当館から西へ35キロメートル、時間にして車で約40分のところに、本道寺 口の宮 湯殿山神社があります。出羽三山の登拝口は、八方七口と言われ、西川町にあるこの本道寺もこの七口の一つに数えられています。

 

 

夕方までの間、時間があったので、雪が降る前にと思って出かけてきました。この神社は、常に宮司さんが常駐していないのですが、幸運なことに今日は開いていました。早速、拝殿にすすみ参拝してきました。その後、お茶をごちそうになりながら、しばらく話を伺ってきました。

 

 

かつては「徳川家七祈願所」の一つとされていたそうです。そんなわけで、150年前の戊辰戦争の時に、薩長軍から火を放たれて焼失した歴史があります。現在の拝殿は、その後再建されたものですが、江戸時代の絵図で見ると、さらに大規模なものであったことがわかります。

 

 

本道寺の集落は、国道112号線ができたことによって、今では通過地点になってしまいましたが、三山詣でで賑わった時代は、宿坊として繁栄を極めました。寄進された絵馬や鳥居などを見ると、今の福島、栃木の村々にも講中があったようです。

 

 

来月には雪が降るので、今年度の拝殿での参拝は、今日で終了だそうです。来年はゴールデンウィークごろからオープンするということでした。

本道寺周辺には、岩根沢三山神社や大井沢湯殿山神社もあります。時間に余裕があれば、その歴史を訪ねながらゆっくり巡ってみてはいかがでしょうか。

 

| 湯の香 松の湯 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大輪の菊の花を飾る

暦の上ではすでに晩秋。今年も菊の季節がやってきました。松の湯恒例の三本立ての菊を、本日玄関前に飾り付けました。

 

 

花は全体的にまだ小ぶりですが、これから徐々に花びらが充実し、ぐんぐん盛り上がっていきます。この時期になると、お客様がお帰りの際に菊をバックに記念撮影をする方が多く、今年も旅の思い出の一コマにしていただければと思っています。

 

 

菊をバックに、名残のバラを撮ってみました。

 

 

玄関前のナツツバキもこんなに紅葉してきました。

 

 

かわいい福助の菊は、ロビーに飾っています。

 

玄関前は菊の花と相まって秋色一色です。
| 湯の香 松の湯 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
そろそろ紅葉

朝夕気温も下がり、庭のドウダンツツジやニシキギも、うっすらと色づき始めました。

そろそろ舞鶴山の紅葉も始まっているのではと、カメラを持って自転車で出かけました。

沼辺には、真っ赤な実をつけたガマズミが、ひときわ目を引きます。

 

 

残り少なくなった秋の花、アザミに群がる蜂たち。

 

 

展望台付近から沼の方を見下ろすと、全体的にサクラやモミジの紅葉が始まっていることがわかります。

 

 

中には、一本こんなモミジもありました。

 

 

夏の日照りにもよく耐えて、見事に紅葉しています。

 

 

柔らかな日差しを浴びながら、こんな日はベンチに座ってのんびりしたい気分になります。

 

| 湯の香 松の湯 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギネスに挑戦 二千局盤来 

将棋の同時対局数でギネスに挑戦しようと、昨日天童市のイオンモール天童駐車場で「二千局盤来」が盛大に開催されました。

 

 

汗ばむほどのぽかぽか陽気のなかで、目標を上回る4724人が参加、つまり2362局の対局が成立し、みごとギネスの世界記録として公式に認められました。

会場には南北150メートル、東西40メートルの特設テント208張りが2日がかりで設置されました。テントの中には対局数分の将棋盤が用意され、友人や親子、会社の同僚、スポーツ少年団の子供たちなどが、それぞれ将棋の実力に合わせて棋力を競い合いました。

 

 

開始後5分もたたないうちに「王手!」の掛け声がかかり、あまりの速さに会場からは笑い声が漏れるなど、初心者から有段者まで、将棋の実力は違いましたが、皆さんそれぞれ楽しみながら将棋を指していました。

このイベントに参加するためにお泊りになった県外のお客様が、当館にも2組ほどいらっしゃいました。従業員の家族にも希望者に参加してもらいました。恥かしながら、駒の動かし方しか知らない小生も参加しました。

参加者全員に、シリアルNO入り「参加証明書」や3月のライオンの特製グッズをたくさんいただいて帰りました。

 

 

天童の市制施行60周年を記念して開催されたこのイベントの成功は、「将棋のまち天童」を発信するいいきっかけになりました。

後日、参加者全員の名前を記したモニュメントを設置することを検討しているようです。

 

| 湯の香 松の湯 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
猫の暑さ対策

連日30度越えの暑い日が続いています。

先日「猫が灯篭の中にいるよ」と聞いて、玄関前に出てみると、なんと火袋の中にすっぽり納まっていました。

 

夕方灯篭をのぞいてみると、今日もいました。まるで指定席のよう・・・。

 

 

猫は涼しい場所をちゃんと知っているんですね。

 

 

 

日陰にある石は、確かにひんやりとして気持ちがいいんでしょう。

 

 

カメラを向けて近づくと、警戒したのか、さっと灯袋から抜け出して逃げてしまいました。

 

 

ちなみに、この猫はうちの飼い猫ではありません。

 

| 湯の香 松の湯 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高擶ハッカの風を再び

当館から車で10分のところに、高擶(たかだま)という地区(天童市内)があります。この地区は、明治時代初期から戦前にかけ国内有数のハッカ産地でした。ハッカーではありません。植物の薄荷(ハッカ)です。

 

(フリーペーパー Gozzo山形 6月号から抜粋)

 

当地区には、今でも田んぼのあぜ道に自生しているものも残ってはいますが、農作物栽培としてはすっかり廃れてしまいました。

忘れ去られてしまったこのハッカの魅力を掘り起し地域に伝えていこうと、昨年「ハッカの風再びプロジェクト」が立ち上げられ、高擶公民館でハッカから精油をとるワークショップが行われています。

 

 

プロジェクトのメンバーからお誘いを受け、見学に出かけてきました。ガラスの蒸留装置に乾燥したハッカを詰めて水を加熱していくと、エキスを含んだ蒸留水がゆっくりとビーカーに溜まっていきます。

 

 

その様子を眺めながら、ハッカの葉を入れて作った炭酸水をごちそうになりました。ストローでかき混ぜ、葉を少しつぶしながら飲むと、程よいハッカの清涼感が口の中に広がります。
 

 

北海道北見地方の大規模なハッカ栽培のルーツをたどると、明治時代に当地区から屯田兵として北海道に入植した石山伝次郎という

人が、その礎を築いたといわれています。

 

プロジェクトでは毎月20日を「20日はハッカの日」と定め、午後6:30からワークショップを定期的に実施しています。ハッカの活用方法や商品開発についてもアイデアを募集中です。どなたでも参加できるそうですので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

| 湯の香 松の湯 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もさくらんぼでお出迎え

県内各地の観光果樹園では開園式が行われ、いよいよ本格的なさくらんぼシーズン到来です。春先の天候にも恵まれ、今年の生育は極めて順調です。



「去年は玄関にサクランボが飾ってあったのに、今年はないの?」と、今朝お帰りになったお客様から聞かれました。心苦しく思っていたそんな折、以心伝心でこちらの気持ちが伝わったのか、たわわに実ったさくらんぼの鉢植えが、今日の夕方届きました。市内のサクランボ農家の佐藤さんから毎年お借りしているものです。

この方が佐藤さん。



外に置くと、たちまちスズメたちが寄ってきて、熟した実をつついてしまうので、数年前から玄関の中に入れています。



室内に置きっぱなしにすると、光合成ができないのでどうしても葉っぱがしおれ弱ってきます。そこで時折外気にさらして日光浴をさせますが、その間スズメ除けに携帯ラジオつけて、枝にぶら下げておきます。

さくらんぼは、果樹王国・山形の初夏を代表する果物。

松の湯においでになったお客様に、少しでも長い間楽しんでいただけたらと思っています。

| 湯の香 松の湯 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松の湯花だより

いつもいらっしゃるお客様から、「舞鶴山の花、今咲いているかな」とのお問い合わせがあったので、今朝確認に行ってきました。

 

 

親水空間のハナショウブは、まだつぼみの状態がほとんどで、これからが見ごろとなります。

 

 

松の湯の玄関前のナツツバキも、ぽつりぽつりと咲き始めました。アジサイとともに、梅雨の季節に似合う花です。

 

 

冬は温室で育てている風蘭も、見事に咲いてくれました。ロビーに飾っています。

 

 

今年もさくらんぼの生育は順調で、主力品種「佐藤錦」の収獲の最盛期は今月20日ごろといわれています。果樹農家は、出荷作業で猫の手も借りたいほどの繁忙期を迎えています。

 

 

| 湯の香 松の湯 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Category

Comment

Trackback

Archives

Profile

Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Mobile

qrcode